委員会事業計画

進化する地域創造委員会

委員長:伊藤 真弘

スローガン:世代を超えて、共感しあうまちづくり

 現在、市民と自治体が一体となった協働による地域の資源を活かしたまちづくりが各地域で進められています。佐野市においても、市民がひとつのコミュニティを形成しながら、協働によるまちづくりが進んでいます。更に、地域のリーダーを中心に、様々な世代が地域のビジョンに共感しあい、それぞれの価値観が交わることにより、新たな価値観を生み出すコミュニティが確立されていくと考えます。
 そこで当委員会では、地域のリーダーを育成していく事業を展開していきます。地域のリーダーは、地域のビジョンを描き示していかなければなりません。そのために、地域のリーダーに必要な「地域のビジョンを描く力」を育む事業を行います。そして、各々が描いた地域のビジョンを示していく力を育むために、地域のリーダーを中心にして世代や立場を超えて価値観が交わり、新たな価値観を創出するまちづくり事業を行います。「人」と「情報」が集う場としてのここねっとを活用して、地域のリーダーやコミュニティ同士が交流を図り、人とのつながりや共感や信頼感を得るために交流する場の提供を行っていきます。
 また、公開討論会を開催することにより、市民一人ひとりの主権者意識を醸成することができ、市民一人ひとりが主体的にまちづくりに参画するようになります。
 このように、地域のリーダーが示す地域のビジョンに共感し、あらゆる世代の市民の価値観が交わるコミュニティが確立されれば、地域の進化につながっていくと信じて活動してまいります。

 
進化を起こす子ども育成委員会

委員長:荻野 友義

スローガン:巻き起こせ!夢へのスパイラル!!

 技術革新による情報社会の発展や、経済の発展によるグローバル化により様々な情報が溢れ日々変化しています。そんな多様性に満ちたこれからの未来を紡ぐ担い手は子どもたちです。その子どもたちがより良い未来を紡ぐために想像力を働かせることは重要です。なぜなら、想像力は自分で考え・他人の意見を聞き多角的に物事を捉え・新しいものを導くという要素があり、未来への道を照らしてくれるからです。さらに自分に自信をもっている子どもはその新しい道を積極的に進んでいけます。
 そこで当委員会では、『自分に自信をもって挑戦する子ども』を目標に事業を展開し、子どもたちに初めてできたという体験を通して挑戦する楽しさを味わうと共に、他者と交わり自分で考えてやってみることで想像力を育む機会を提供します。その体験したものを外に発信することで周囲の共感を呼び、周囲の反響を目の当たりにすることで子どもたちは「すごいことができるんだ!」といった自信を得ることができます。この事業を通して想像力が育まれ自信を持った子どもはさらに新しいことに挑戦する意欲が生まれます。この次の行動につながる挑戦のスパイラルに入った子どもたちは未来への道を進むことができ、未来を紡ぐより良い担い手となってくれます。そのため『自分に自信をもって挑戦する子ども』を育成するべく一年間活動してまいります。

 
会員拡大委員会

委員長:柿沼 裕一郎

スローガン:次代に繋げ!! 進化し続けるJAYCEEとJC 

 会員拡大がなぜ必要なのか。それは、JCに入会し、まちの未来について考えるようになる人が一人でも多くなることで、地域が進化していくと考えるからです。会員拡大することにより、様々な考え方を持った仲間が切磋琢磨しながらJC運動を拡げることで、地域に変化と進化をもたらすことができます。
 本年度は会員拡大委員会が中心となり、メンバー全員で責任感を持った拡大を行うために、誰もがJCの理念を伝えられ、連携を図りながら意欲的に拡大を行える取り組みをしていきます。さらに、入会後はJCの目的・歴史・基礎知識について学び、今後JC運動を担っていく人財となってもらうために、新入会員研修を行います。
 また、隣接する地域であり、スポンサーLOMでもある足利JCとの合同事業を行います。他LOMと交流の機会を持つことで両メンバー間の信頼感を深めます。そして、情報交換等を通じ、相互の良いところを学び続けることが両LOMの進化につながると考えます。
 卒業式では、自身のこれまでの功績を振り返り、JC運動で得たものを今後の活動に生かして頂けるようなものにします。そして、今まで運動を牽引して頂いた事に対して感謝の気持ちを表し、我々もまた次の世代に引き継ぐための決意の場とします。

 
総務委員会

委員長:寒澤 昌弘

スローガン:ポジティブにいこう ~未来を創るのは俺たちだ!~

 2017年度、佐野青年会議所は「進化の先頭に立つ組織」となるべく、地域をリードする存在となるために、メンバーがこの地域を良くしようという意志を強く持ち、市民からの理解を得て、周囲を巻き込み、率先して行動することが必要です。その中で総務委員会の役割はメンバーが活動しやすい環境を作ることと考えます。
 そのためにまず、メンバーが自らポジティブに青年会議所活動へ参加することで、様々な機会を得ることができる環境を構築するため、対内外諸会議、事業の設営を行います。また、その経験から様々な知識を得たメンバー一人ひとりが理想の未来を想像するため、自然と議論できる雰囲気を作れるよう、対内の情報循環を徹底し、対内諸会議を円滑に進めていきます。そして、我々JAYCEEは運動を広めるために、その意志を対内外様々な場面で伝えていく必要があります。そのために個人が能力を高め、各々の持つ価値観や知識を共有することで、メンバー間の信頼感が深まり、組織力の強化へと繋がります。
 佐野青年会議所の会員が地域の未来に対し、強い意志を持ち、様々な活動にポジティブに臨むことができるよう、総務委員会は組織の礎となり活動して参ります。

 
野球部会

部会長:長濵 幸佑

スローガン:BE A HERO  ~全員が主役を目指せ~

 佐野市中学校親善野球大会も第51回となり今年は新たなスタートを切る年になります。佐野青年会議所設立の翌年から地域青少年育成事業として先輩方が今まで作り上げてきた伝統は、佐野市の中学校には学校行事の一環として欠かせない行事になっています。青少年達を始め野球関係者及び応援する保護者にとっては、新年度新チームの戦力を見極める大事な位置付けの大会として広く認知されてきました。
 佐野市の将来を担う青少年達に野球を通じて学年は関係なく切磋琢磨して試合出場を目指しながら、チームプレイの大切さや真剣勝負の緊張感、勝つ喜び負ける悔しさ等の多くの学びを得て、この大会の経験が人として成長するきっかけになってもらいたいと思っています。
 過去にこの大会で活躍した青少年達が大人になり大会運営に関わってきています。この循環をより活性化するには、地域の協力体制が必要です。野球大会実行委員会、各種協力団体並びに関係者と今まで以上の協力体制を意識していただき、大会を楽しめるようにサポート体制を築いていきます。

 
ディベート部会

部会長:碓井 栄多

スローガン:仲間と紡ぎ 論理を奏で 心に響かせる

2014年に始めた「佐野市中学生親善ディベート大会」は年々参加者数を増やし、子ども達の多角的かつ客観的・論理的思考を育成しています。第3回では前年の参加者等による外部協力、大会の協賛企業の獲得において一定の成果が上がり、地域教育システムの構築が進みました。そして、これから世界を拡げていく中学生に対する更なる機会として本大会を継続開催することは、子どもたちの未来を築く一助として不可欠であると考え、今年度「第4回佐野市中学生親善ディベート大会」を開催いたします。
 大会を開催するにあたり、地域の大人や企業・各種団体等が連携し、子ども達に成長の機会を提供する「地域教育システム」の構築をより一歩進めていくため、まずディベート大会の認知度を高め、今まで大会に関わってきた方々だけではなく、関わったことのない方々の参加も募り、個人による外部協力の輪を広げていきます。そして、企業や各種団体等にも、それぞれが出来る形で参加していただく事を目指し、協賛の輪を広げていきます。
 ディベートで養われる多角的かつ客観的・論理的思考は、全ての学問の基礎となる考える力を鍛えるだけではなく、人間関係を築くコミュニケーション能力の向上に有益であり、子どもたちにとって大きな学びになります。未来を担う子どもたちのため、私たちは全力でディベート大会の運営に取り組みます。