3月例会「自分を信じること、それは未来をつくること」御礼

活動報告

3月17日(日)佐野日本大学短期大学にて、3月例会「自分を信じること、それは未来をつくること」を開催致しました。

第一部では、佐野市出身の元オリンピック選手で高校教諭の栗原浩司氏が小学生に「自分を信じる力の大切さ」の講演と「かけっこ教室」を行って頂き、同時刻に大人対象に映画「ビリギャル」の話のモデルとなった小林さやか氏に「子どもの能力を引き出すオトナのあり方」というテーマで講演を行って頂きました。


 

第二部では両講師のトークライブ「ビリギャル×高校教師」で、これからの子どもに必要なことや大人たちが地域の子どもたちに何をするべきかを等、ご意見を伺いました。

同じ時間と場所で大人と子どもがそれぞれの気づきを得られたのではないかと思います。「ビリギャルを佐野に呼んでくれてありがとう」という嬉しいお言葉も複数の方から頂きました。粋な子ども育成委員会では、本年度、子どもの自分を信じる力を育むための事業を行って参ります。皆様のご理解・ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最後になりますが、本例会に大変多くの方にご来場頂きまして、誠にありがとうございました。

粋な子ども育成委員会